会社案内

会社概要、沿革

レオンの由来、レオロジー
本社営業部外観本社営業部外観弊社の社名「レオン」は、レオロジー(流動学)に由来します。何千年の歴史の間で、人間が掌の中で創りあげた文化としての食品の形の成形は、外形だけではなく「おいしさ」もつくり出しています。
 
レオロジーとは、粘性や弾性の流動を解明する科学です。そしてレオロジカル ・エンジニアリング(RE)とは、食品の口当たりや香りを秘めたデリケートな天然の「おいしさ」の源、「粘性」と「弾性」の条件を巧みに位置転換して成形する、食品の応用工学です。
 
弊社は独自の哲学による技術開発によって、世界の民族食生産の自動化に成功し、食品機械の国際企業として成長を続けております。
 
 
会社概要
代表者 田代 康憲
創立  1963年(昭和38年)3月15日
資本金 73億5,175万円
上場  東京証券取引所市場一部に株式上場(1989年)
事業内容 食品機械の開発・製造・販売
食品の最終的調理成形工程を自動化した装置および各種プラントの設計・制作・納入設置・試運転・
試験生産・操作マニュアルや管理の指導
独立した単体の自動機械、付属品の製造・販売、これら機器の操作指導・配合法・品質管理の指導
取引業界 製パン業・製菓業・水産(蒲鉾等)・ハムソーセージ業・惣菜、調理業など食品業界全般
 
 
沿革
年号 その年のできごと
1963年 レオン自動機株式会社を創立。 包あん機「N101型」の販売を開始。
1966年 包あん機「105型」の販売を開始。
1968年 輸出を開始。
1968年 札幌、仙台、名古屋、岡山、広島、福岡に販売拠点を開設。
1969年 ドイツにレオン研究所を設立。
1970年 米国・ニージャージー州にレオンパラマス研究所を設立。
1973年 包あん機「207型」の販売を開始。 大阪、金沢に販売拠点を開設。
1974年 米国・ニージャージー州に現地法人レオンU.S.A.を設立。
ドイツ・デュッセルドルフ市に現地法人レオンオートマチックマシナリーGmbHを設立。
生地延展装置「ストレスフリー®ストレッチャー」を開発。
1975年 パイ・ペストリーの生産ライン「MMライン」を開発、販売を開始。
1979年 米国・カリフォルニア州アーバイン市に現地法人オレンジベーカリーINC.を開設。
1985年 米国・カリフォルニア州アーバイン市にオレンジベーカリー第2工場を開設。
1986年 「非粘着インクラスター」の取り付けが可能な包あん機「N208型」の販売を開始。
米国・カリフォルニア州アーバイン市にレオンU.S.A.本社を移転。
1987年 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
コンピューターを搭載した包あん機「火星人®」の販売を開始。
1988年 弊社食品機械の主力生産工場として、上河内工場が稼働を開始。
米国・ノースカロライナ州シャーロット市にオレンジベーカリー第3工場(シャーロット工場)を開設、
ホイロ後冷凍製品の本格的実験工場として、稼働を開始。
1989年 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
東京・東麻布に「レオンプラザ東京」(東京営業所)を開設。
1990年 台湾・台北市に台北支店を開設。
1991年 米国・ノースカロライナ州シャーロット市にレオンU.S.A.本社を移転。
1997年 「ストレスフリー®V4システム」の販売を開始。
1999年 2列火星人の販売を開始。
2000年 ドイツ・ウルム市に「レオンヨーロッパ・ウルム研究所」を開設。
2001年 米国・カリフォルニア州アーバイン市にオレンジベーカリー第4工場(パーカー工場)を開設。
VM250の販売を開始。
2002年 米国・カリフォルニア州アーバイン市にレオンU.S.A.本社を移転。
2003年 VM1500の販売を開始。
2004年 ツインデバイダ、マルチストレッチャーの販売を開始。
2006年 有限会社ホシノ天然酵母種が子会社となる。 ピザスピナの販売を開始。
2007年 米国・ニージャージー州テーターボロー市にレオンU.S.A.東部事務所を開設。
台湾・台北市の台北支店を増床移転。
2008年 台湾・台北市に現地法人レオンアジアパシフィックを設立。
2010年 中国・上海市にレオン上海駐在員事務所を開設。 多列包あん機「マルチコンフェクショナー」の販売を開始。
2011年 包あん機「CN580」の販売を開始。
2012年 包あん機「CN020」の販売を開始。
2012年 米国・カリフォルニア州にレオンUSAが自社ビルを取得、増床移転。
2013年 高速包あん分割機「メガフォーマー」の販売を開始。
高精度分割丸め機「VR250」の販売を開始。
(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.