会社案内

レオンスピリット

笑顔とおいしさは 地球をひとつの国にする 
パンという食文化の起源は約一万年前
人類が初めてパンを焼いたのは一万年前と言われています。 野生の果実や動物など自然の恵みによる食から、味を創作する文化が芽生えた時代です。その後数世紀、世界各地でそれぞれの民族が食文化の歴史を育んできました。そこには国々の伝統が息吹き、風俗や習慣が今なお大切に受け継がれております。
 
そしてできあがった、この人類のかけがえのない巨大な文化を、レオンは敬虔な目で見つめ、人類のより豊かな日常に結びつけることを考えてまいりました。
 
レオンの「食品生産を自動化する技術」は、このような祈りの心から生まれました。
 
“レオンスピリット”とは、食文化を守り続けること
レオンは、食文化を守り続けるパイオニアとして活動しております。その結果、世界の食品産業界に幾多の革新的な影響を与えております。
 
食文化は人類の英知が生み出した地球の宝物です。それを守り育てるのは、現代に生きる科学技術者の使命でもあります。そこには、おいしさへの追求に取り組む創造者としての“レオンスピリット”が生きつづけています。
 
レオロジーの応用工学 
 
弊社の社名「レオン」は、レオロジー(流動学)に由来します。
人類の何千年もの歴史の間に、人が掌の中で創りあげた「文化」としての食品の成形は、単なる外形だけでなく実は「おいしさ」もつくり出しています。
 
レオロジーは、粘性や弾性の流動を解明する科学です。そしてレオロジカル・エンジニアリングとは、食品の口当たりや香り等のデリケートな「感触」「粘性」「弾性」の条件を巧みに操って食品を成形する応用工学です。弊社はこの技術と独自の哲学により、世界の民族食を自動生産化することに成功しました。そして現在も食品機械の国際企業として成長を続けています。
 
世界の注目を浴びたレオロジーの応用工学(R.E.)
この写真は、まるで人の掌のように器用、正確かつ高速に「まんじゅう」をつくることのできる「回転する円盤」の作用を示しています。これはレオロジカル・エンジニアリングを説明するのにとてもよいモデルになります。
 
この円盤の円周は、材料に対し「計算された接線応力と法線応力」を発生させます。そして切り口に生地を寄せ集めて「餡」を自動的に包み込みます。その結果、生地は丸く成形され「まんじゅう」を連続的につくっていきます。これは従来の6工程をたった1工程にまで短縮できる技術です。
 
これは、弊社が創業時(昭和38年)に開発した誘導成形法です。この時、新しい学問としてのレオロジー応用工学(R.E.)が世界の注目を浴びました。
 
「シート」からパンをつくる 
 
1台の機械が世界のパンを生産する道を拓きました
パンも「圧延」でなく「負の応力」で成形することができます。まずパン生地を負の応力によって薄い連続したシート状にして、そこから自由に成形する方法です。これは「レオロジーの応用工学」を活用した究極の技術です。
 
その結果、弊社はシートから各種のパンを成形するシステムを開発することができました。そして1台の機械で世界のパンを生産する道が拓けました。 
 
パンは人類が創作した最初の「加工食品」です。
人類はいろいろな「料理」を生み出し、天然には存在しなかった「味の創作」を行って「現代のような食品の文化」を築いていきました。
 
それらは今おびただしい種類となって、食卓の文化ばかりでなく生活のマナー、また生活そのもののあり方にまでも影響を及ぼしています。またそれは「やすらぎ」や「憩い」、そして「愛」をもはぐくんできました。
 
ここでとりあげるテーマは、パンづくりの英知です。石のように硬い「雑草の小さな実」でしかなかった「小麦」を砕いて「粉」にして、「水」と混ぜて「生地」をつくります。これを一晩ねかせて「発酵」させ、これを小さな「玉」に成形して、さらにこれを「発酵」させて、気泡をたくさん含んだ「パンの生地」ができあがります。そしてこれを焼いて「栄養と香りの高い、そして保存のきく創作食品、つまりパン」を創り出しました。その先祖の英知に対し、まず驚きと感謝をささげなくてはならないと思います。
 
その後、人類はこの古代のパンづくりのプロセスにたくさんの重労働が含まれていることを軽減しようとします。その結果さまざまな機械が作られ、パンの自動化生産を試みました。その過程で弊社は「負の応力」を発見することができました。
 
「負の応力」を応用したストレスフリー®システム 
 
レオロジーの応用が生んだストレスフリー®システムは「負の応力」を利用した新しい工学です。
レオンもまた、この人類発生以来の課題と取り組んでいます。労働の軽減と文化的センスのデリカシーにいかにしてさらに磨きをかけるか、後世に伝えるか…を考え続けている一人であります。
 
弊社の考えは、パンをつくる労働をいかにして軽減し、自動化するかだけではありません。
 
食品を機械生産化する手段を誤ると、「味や形が単純化」し輝かしい伝統を喪失してしまうという危険があります。食品それぞれが持っている文化も失い、人々の生活から「食道楽」の楽しみを少なくしてしまうこともあります。
 
弊社はこの問題を解決するため、シートからパンをつくるシステムを開発致しました。 
 
優良なパンを作り上げる独自の技術、ストレスフリー®システム
従来のパンの製造は、大量の生地を小口に分割し、さらに丸めたり棒状にしたり平らに成形するなどして、最終的な形を作っておりました。
 
しかし、この成形工程ではパン生地が小口分割される時にシャーリングストレス(ズレ応力)が加わるため、生地のゲル特性が破壊されて膜造成機能が失われてしまいます。生地は薄膜の気泡をつくりだすことができなくなり、優良なパンとはなりません。その結果、やむなく各種の化学添加物を加えることでゲル構造を機械的応用に耐えられるように強化したり、破壊されたゲルを再統合させて伸展性を回復させるための工程が必要となっておりました。
 
弊社の技術は、それらの多大な工程を省くことができます。優良なパンをつくるため、まず生地を分割する前に連続した薄いシート状に成形します。この時の延展振動によって生地の結合を強化し、シートからさまざまな形のパンを自由自在に作りだせる技術を開発しました。それがストレスフリー®システムです。
  「文化経済論」には、レオンの哲学が流れている 
 
レオンの経営哲学は「文化経済論」。
各国の友人が宇都宮本社を訪れました。もてなしは木のはぜる音、そして会話。
ここにくつろぎ、心を通わせた交流が、弊社の歴史の1ページ1ページを飾っております。
 
弊社の経営哲学は「文化経済論」で説明することができます。消費の創造は文化活動の一項目であり、それを拡大させる研究は企業活動の重要なテーマである、という考え方です。
 
有史以来、生活を楽しむ工夫は、優れた舞踏・音楽・絵画などの芸術を創り出してきました。各種の料理メニューも、単なる飢えや渇きをいやすものではなく、芸術のセンスと同じ願望から生活文化として構成されました。
 
その文化の奥行きを知って初めて経済活動が必要となり、活発な経済社会があって文化はさらに高められていきます。文化と経済の相関関係が良いバランスを保ちつづける限り、国際事業は温かく迎え入れられます。
 
レオンはなぜ国際市場で活動を続けているのでしょうか。
弊社は設立当初から、世界を舞台に活躍してきました。科学という人類共通の英知を基礎とし、食文化という人類共通のプライドに向き合う企業でありたいという願いから、海外に強力な拠点を有しております。
 
昭和38年、弊社は食品加工業界に革命的な技術的提案を致しました。以来、独自の哲学に基づき国境を越えて活動を続けることで、あらゆる国際摩擦を越え、不動の業容を確立するに至っております。
 
レオンの包あん成形機 インクラスティングマシンは人の手と同じロボットです。 1台のインクラスティングマシンがつくり出す多品種の「味の組合せの芸術」をご覧下さい。レオンの包あん成形機 インクラスティングマシンは人の手と同じロボットです。 1台のインクラスティングマシンがつくり出す多品種の「味の組合せの芸術」をご覧下さい。シートからつくり出す味の芸術をご覧下さい。シートからつくり出す味の芸術をご覧下さい。
(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.