株主・投資家向け情報

CSR・環境への取り組み

企業の社会的責任(CSR)
CSRの考え方
経営理念と行動指針をCSR活動の基本として、企業の社会的責任をこれからも果たしていきます
 
CSRとは「Corporate Social Responsibility (企業の社会的責任)」の略称で、社会全体の持続的な発展に向け、企業が果たしていく役割のことを意味しています。
 
レオングループは「存在理由のある企業たらん」を社是に掲げております。そして「食文化の発展に貢献する」ことが私どもの思いです。「存在理由」とは没我的な奉仕の精神を意味するのではなく、むしろ積極的な自己主張として「貴方にとって私は必要な存在ですか?」「わたしは貴方に好かれるようになりたい。」「私たちの技術はきっと貴方の役に立ちますよ。」という積極的な自己アピールを表現しております。そして「食文化の発展に貢献する」ことに、それらの伝承とヒューマニズムを柱とした「人々の平和で豊な営みに貢献したい」という願いが込められています。これが弊社のCSRの定義であります。
 
レオングループの行動指針
① 遵法精神に基づき、公正、透明、自由な競争並びに適正な取引を行う。
② 顧客へのサービスを何よりも大切にし、礼儀正しく、顧客視点で行動する。
③ 社員一人ひとりの人格を尊重し、可能性と働きがいを大切にする活気のある職場を作り、
  一人ひとりの豊かさを実現する。
④ 仕事に情熱と誇りを持ち、常に高い目標を追求して、成長し続ける。
⑤ 環境の保全に努め、社会貢献活動を積極的に推進する。
⑥ 無駄をなくし、本来のやるべき仕事に集中して取り組む。
 
品質方針
当社は、お客さまに安心して当社製品をお使いいただけるよう、以下の品質方針を定めて事業活動に取り組みます。
① お客さまのニーズや期待に応える、安全で高品質な製品およびサービスを提供し、
  顧客満足と信頼の獲得に努めます。
② 事業活動の関連法規制・規格等を遵守するとともに、新しい時代が要求する
  技術革新に果敢に挑戦し、新たな価値の創造を目指します。
③ 製品およびサービスの品質維持向上を図るため、品質マネジメントシステムを構築し、
  その継続的な改善活動を推進します。
④ 品質方針の実現に向け、品質目標を定め、その達成に向けた活動に取り組みます。
⑤ 社員一人ひとりが、常にお客さま視点で考え、行動し、安全で高品質な製品および
  サービスの提供に最善を尽くします。
 
お客さまとともに
弊社はお客さまの満足度を最大限に高めていくことを目指し、お客さまのご要望に応える安全で安心な商品づくりに努めております。製品開発から品質の維持・向上を徹底するだけでなく、さまざまなお客さまにレオン機をより一層ご活用いただくため、製品提案会の開催や積極的な商品情報の提供を心がけております。
 
○ 品質保証活動
製品マネジメントとして、製品の開発過程で「ISO 国際規格」「NSF規格/ANSI 米国工業規格協会」の「安全・衛生基準」に沿った「DI設計情報」を規格化して機械設計に取り組んでおります。
また「品質保証部」の主導のもと、全社的な観点での品質保証の推進と、課題の対応状況の把握などを行っており、お客さまに安心してお使いいただける商品づくりを進めております。
 
○ 製品提案会                       ○ コミュニケーション誌「つつむ」の発行製品提案会の様子製品提案会の様子
弊社の新製品紹介や既存製品の用途拡大などの提案会・講習会・研究会を随時開催。また、お客さまとのコミュニケーション誌「つつむ」を発行するなど、お客さまのお役に立てるよう努めております。
 
社員とともに
創業者の言葉に、「レオン発展の根幹は、食文化の伝承とヒューマニズムを柱に人々の平和で豊な営みに貢献していきたいという願いであります」というものがあります。この思想は、行動指針の「人権の尊重」にも表れています。弊社は一人ひとりの人格や個性を尊重して、能力開発やスキルアップ、心身の健康増進を支援しております。
 
○ 多様な人材の育成人材育成の様子人材育成の様子
レオングループは、社員の能力開発への投資を経営にとっての最重要テーマの一つに据えています。そのためのプロフェッショナルな人材の育成をめざして、「階層別研修」「女性キャリア研修」「新人研修」など、教育・研修に力を注いでおります。
 
○ 女性活躍推進法に沿った行動計画
レオンはまた、女性社員が活躍できるための環境を整備しています。管理職に占める女性割合を増やしたり、女性社員を対象とした意識改革と、管理職育成を目的としたキャリア研修を実施しています。さらにはこれまで女性社員が少なかった部署にも積極的に配置するなど、これからも女性社員の活躍を支援してまいります。
     女性活躍推進行動計画
     期間  :  平成28年4月~平成33年3月まで
     目標  :  管理職に占める女性割合を倍以上にする。
     取組その1:女性社員を対象として、意識改革と管理職育成を目的としたキャリア研修を実施する。
     取組その2:これまで女性社員が少なかった部署等に女性を積極的に配置する。
 
 
○ 職場環境(安全パトロールの実施) / 社員の健康増進安全パトロール、あるけあるけ運動の様子安全パトロール、あるけあるけ運動の様子
事業所別に毎月「安全衛生委員会」を開催しております。その他、「防災訓練」、「安全運転講習会」など職場の安全に努めております。また、「あるけ・あるけ運動」等の参加を通じて社員の健康増進に力を注いでおります。
 
地域社会とともに
弊社は各地域の生活環境・文化・歴史を尊重しつつ、社会の一員として、環境貢献活動、生活文化に寄与する活動、社会福祉に寄与する活動を重点的に行っております。
 
○ エコキャップの収集活動エコキャップ収集活動の様子エコキャップ収集活動の様子
「ペットボトルのキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを届けよう」に賛同して、社員会が活動を行っております。
 
○ 地域の環境活動
事業所周辺の清掃活動や、「足尾の緑化活動」への参加を行っております。清掃・緑化活動の様子清掃・緑化活動の様子
 
寄付活動
○ 日本赤十字社
日本赤十字社の事業である、「看護師の養成」、「赤十字病院の運営」、「献血」、「地域福祉活動の活性化」、「青少年赤十字の拡充と活性化の推進」などの活動に協力しております。
 
○ 財団法人 国際開発救援財団
開発途上国における住民の生活環境の向上及び地域開発の推進に資するための援助活動を実施し、もって開発途上国の自立的発展及び福祉の推進に寄与することを目的として設立された、財団法人 国際開発救援財団に賛同しております。
 
○ うつのみや花火大会
宇都宮を愛する若者や地元企業が立ち上がり、「宇都宮を自分たちの力で盛り上げ、守り抜いてみせる」との熱い思いで、全員ボランティア で運営されている「うつのみや花火大会」を支援しております。
 
○ ふるさと宮まつり
「であいとふれあい」をテーマに、宇都宮のメインストリート、大通りを中心に繰り広げられる真夏の夜の祭典「ふるさと宮まつり」を支援しております。
 
○ 被災地復興支援プロジェクト(経済同友会、IPPO IPPO NIPPONプロジェクト)
「東北の皆さまがふたたび元気を取り戻すための力になりたい」という思いから、復興支援プロジェクトに協賛しております。
http://www.doyukai.or.jp/ippo/
 
環境への取り組み
基本方針:モノづくりを通じて、人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献していきます
 
レオングループは、「低炭素社会の実現」と「循環型社会の実現」を実現するための、「環境負荷の低減」を積極的に推進して、持続可能な社会への貢献を目指していきます。
 
低炭素社会の実現 ・温室効果ガスの排出量を削減する
・「エネルギーを有効に利用する」、製品とサービスを提供する    
・生産過程、物流過程の省エネを推進する
・省エネ設備、低燃費自動車の導入
循環型社会の実現 ・資源を有効に利用する製品設計の推進
・生産活動の3R(廃棄物の発生抑制、再利用、再資源化)を推進する
・特別管理廃棄物の適正処理
                                                             ⇒ 環境負荷の低減
 
 
太陽光発電稼動開始
設置された太陽光発電パネル設置された太陽光発電パネル地球温暖化問題や東日本大震災にともなう原発問題を契機として、エネルギー問題に対する国民の関心や意識の高まり、「低炭素社会」および「循環型社会」の実現に向け、省エネ対策はもとより、太陽光をはじめとした、再生可能エネルギーの活用促進への取り組みが重要な課題の一つとなっております。
当社も社会貢献の一環として、平成26年1月20日(月)に当社上河内工場の屋根を利用した太陽光発電の稼動を開始致しました。
<概要>
◎設置面積    約5、200㎡
◎発電出力    600kw
◎想定発電量   約60万kwh/年(一般家庭130世帯分)
 
 
日光杉並木保護活動を支援しています
レオン本社の前から日光に向けて続く赴き深い日光杉並木街道。わが国で唯一、国の特別史跡・特別天然記念物の二重指定を受ける貴重な文化財産でもあり、世界で最も長い並木道として、ギネスブックにも登録されております。
 
総延長37kmの街道には、古いもので樹齢380年を超える杉の巨木など、中には生育環境の悪化や杉自身の老齢化等で、樹勢が弱まり枯れてしまう杉が数多く出てきております。このままでは、世界に誇る杉並木の景観が失われてしまう恐れがあります。 
弊社は栃木県が発足した「日光杉並木オーナー制度」に賛同し、2015年からオーナーとして、長い歴史に彩られた日光杉並木の樹勢回復事業を支援してまいります。
(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.