製品案内

中華まんヒダ付け機

■手づつみ風のヒダやヒネリを自動で付けることができます。

火星人で丸く包んだ製品の頭部に、手で包んだ中華まんのようなヒダやヒネリを自動で付けることができます。
「ヒダ付け成形仕様」と「ヒダ付け+ヒネリ成形仕様」の2種類があります。

特長

湾曲したブレードが手づくりのようなヒダを演出。湾曲したブレードが手づくりのようなヒダを演出。◎ヒダ付けとヒネリ 2つの成形をこの1台で
「ヒダ付け成形仕様」と「ヒダ付け+ヒネリ成形仕様」の2種類がありますので、用途に合わせてお選びいただけます。 
                                     
ヒダの枚数は9枚、12枚、18枚、最大で24枚まで変更ができます。     
                                 
    
製品をホールドし、中央部を確実にヒネリます。製品をホールドし、中央部を確実にヒネリます。ヒダ付け機能やヒネリ機能は、必要に応じてそれぞれ単独でON/OFFできるので、ヒダやヒネリを加えずにそのまま通過させることもできます。
※写真は蒸す前の状態です。※写真は蒸す前の状態です。 ○ヒダ付け成形
湾曲したブレードが、手づくりのような美しいヒダを演出します。
 
 ○ヒネリ成形
ヒネリ成形の際、製品を自動で押さえる機能を搭載していますので、しっかりとヒネリが入ります。 
                                    
※写真の「24枚と12枚」の製品と、「18枚と9枚」の製品はそれぞれ共通部品で成形しています。

◎ヒダの枚数変更ができます。
ヒダの枚数変更には、「ヒダ付け部のユニットを一式交換する」、「ユニットからブレードを間引く」の2通りの方法があります。

◎小籠包にも手づくり風のヒダがつけられます。
ヒダ付け成形部に専用部品を取り付けることで、製品中央部にくぼみを付けながら、ヒダを付けることができます。ヒネリ成形が加えにくい小物製品(目安重量50g以下)を生産する際に効果的です。

中華まん無人生産ラインのご提案
「自動紙敷き機」を接続することで、ホイロ、スチーマーなどの後続機に直結させることが可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。


仕様


全   長 700mm
全   幅 685mm
全   高 1320~1410mm
ヒダ枚数 最大24枚※
生産個数 最大50個/分
製品重量 30g~150g
 
※ブレードを固定するホルダーは最大24枚用と最大18枚用の2種類あります。

フォトギャラリー

※画像をクリックし、拡大画像をご覧ください。

(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.