お知らせ

2013年3月4日 弊社の名誉会長・林虎彦が米国製パン協会の「栄誉の殿堂」入り

弊社の創業者で現名誉会長の林虎彦は、2013年3月4日にASB(American Society of Baking ・ 米国製パン協会)より表彰を受け、同協会の「栄誉の殿堂」入りとなりました。
 
これは米国の製パン業界に対する長年の功績が認められたもので、自動ペストリーライン(MMライン)、ストレスフリーの製パンライン等、数多くの開発が高く評価されました。
 
表彰式はASBの総会(シカゴ)で行なわれ、2013年度は3名が受賞しました。
 
ASBは1897年にABA(American Baking Association)からスタートし、その後ASBと変更となり、今年で116年の歴史を持っています。
 
現在42名の方々が、米国製パン業界に顕著な貢献をしたとして「栄誉の殿堂」入りしております。弊社の林はその中のひとりとなり、これは米国人以外では2人目となります。
 
その功績を記した盾は、AIB(American Institute of Baking ・ 米国製パン研究所)にある「The Baking Hall of Fame ・ 製パンの栄誉の殿堂」ホールに展示されております。
 
「製パンの栄誉の殿堂」ホールについて(英文)
http://www.asbe.org/displaycommon.cfm?an=1&subarticlenbr=7 

名誉会長・林虎彦の代理で出席、受賞の喜びをスピーチする社長・田代康憲名誉会長・林虎彦の代理で出席、受賞の喜びをスピーチする社長・田代康憲
  • 記事一覧へ戻る
  • 前の記事を見る
  • 次の記事を見る
(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.