導入事例・お客さまの声

火星人で新スタイルの羽二重餅を生産 甘泉堂 様

機械による効率化で伝統の味を未来へ

株式会社 甘泉堂 様(福井県福井市)

火星人「CN580」+「固形物包あん装置」 による「梅つつみ」の生産風景。 吸気式の「固形物包あん装置」でシロップ漬けした梅を供給する。 火星人「CN580」+「固形物包あん装置」 による「梅つつみ」の生産風景。 吸気式の「固形物包あん装置」でシロップ漬けした梅を供給する。


工場内では火星人「CN500」も稼働中。
「成形ユニットコンベヤー」+「ブラシレス粉付け機」+「セットパンナー」を接続したライン。
この日は「羽二重ちょこ包み」を5,000個生産。


福井を代表する銘菓の一つ、羽二重餅。なめらかな口当たりと奥深く上品な味わいは、まさに上質な絹織物である羽二重を彷彿させる。この銘菓発祥の地で100年以上の歴史を誇る「株式会社 甘泉堂」様では、人気の羽二重餅商品の生産に火星人シリーズをご活用いただいている。四代目にして代表取締役の村中洋祐様にお話をうかがった。

代表取締役 村中 洋祐 様代表取締役 村中 洋祐 様甘泉堂様は1910(明治43)年、羽二重餅やあんころ餅を主力とする和菓子の製造・卸・販売業を営む会社として創業。鉄軌道関係に強く、現在福井県下の主要駅のほぼすべてに商品が入っている。アイテム数は和菓子が約50種、洋菓子(ケーキ除く)が約20種。求肥系が構成比の4割以上を占めており、一番人気の羽二重餅の年間販売個数は約180万個にのぼる。小売と卸売を合わせた年商は2億3400万円。
「火星人『CN580』では 20種の和洋菓子を、『CN500』では3種類の求肥菓子を生産しています。うちは季節によって求肥の配合を変えているのですが、火星人はどの求肥を使っても、ダレたりコシが抜けたりせず、安定した品質で成形できるので良いですね」と村中様。火星人と求肥の相性は上々だ。「オプションの汎用性も高いので『三重包あん装置』などを使うと商品の幅が広がります」。現在、甘泉堂様では最新機種の「CN580」を少量多品種用に、「セットパンナー」を接続した「CN500」を量産ラインとして1日2~4時間、どちらも週3回ほど稼働。2台の機械を使い分け効率良く生産している。「『羽二重ちょこ包み』はうちの二番手商品にまで上がりました。繁忙期は月2万個生産します。『セットパンナー』を導入しライン化したおかげで、今まで生地を投入する人と製品をとる人の2人体制で生産していたものが、1人で済むようになりました」。
羽二重餅をつくる上でのこだわりは。「もち米にはもちの風味が強く感じられる福井県産カグラ米を使用しています。しかしコシが強く羽二重餅にすると硬い印象を持たれかねない品種なので、練る工程や砂糖の量を工夫しました。また用いる素材が少ない分、品質が気温や湿度などの周辺環境に左右されやすいので常に状態を見極めながら微調整しています」。経験を積んだ職人の感覚が安定したやわらかさと心地よい歯ごたえの絶妙なバランスを生み出している。
甘泉堂様は、1990(平成2)年に小売業を本格化。職人気質だった先代の村中正洋氏が「おいしさにこだわった商品を100円のものは100円でダイレクトにお客さまに販売したい」と力を入れ始めたのがきっかけ。徐々に店売りを伸ばし「羽二重餅の甘泉堂」から「甘泉堂の羽二重餅」へと見事にブランドイメージをシフトさせ、福井から全国への展開を成功させた。
今後については。「少子化や人口減少が進む昨今、製造も販売も人員不足です。しかし市場はより広げていかなければならない。この2つの課題を解決するためには生産の効率化が必須です。レオンさんを含む機械メーカーさんには今後も活躍していただかないと。また、羽二重餅を地域の銘菓として伝承していくためには地元の方々にとっても身近なお菓子でないといけません。日持ちや売れる価格帯を意識するのはもちろん、いかにインパクトと鮮度感のある羽二重餅を提案していくか。スクラップアンドビルドの精神で商品開発に挑んでいきます」。甘泉堂様は伝統と文化を守るため、これからも福井に新しい風を吹き込んでゆく。

火星人でつくられる新スタイルの羽二重餅商品


「梅つつみ」(1個140円、52g)。
甘露炊きして漬け込んだ大粒の梅と、そのシロップを使用してじっくり練り上げた白あんを羽二重餅でつつんだ商品。 きめ細やかな舌触りの羽二重餅と爽やかな梅の風味が楽しめる。


(1)左から「ふく楽(こしあん)」、「ふく楽(抹茶)」、「羽二重ちょこ包み」(各1個75円、25g)。
(2)「越前餅」(1箱6個入り648円、30g)。
(3)ヨーグルト入り羽二重餅「チュベッタ」(1箱9個入り756円、25g)。
※すべて税込価格


福井駅から徒歩8分のところにある本社兼工場。福井駅から徒歩8分のところにある本社兼工場。

(1)粒あん入りパイ「あずみ」(1個140円、30g)。 (2)和風クッキー「和ころん」(1箱380円、8g)手前から きなこ、黒糖。 これらの焼き菓子も火星人で生産している。 ※税抜き価格(1)粒あん入りパイ「あずみ」(1個140円、30g)。 (2)和風クッキー「和ころん」(1箱380円、8g)手前から きなこ、黒糖。 これらの焼き菓子も火星人で生産している。 ※税抜き価格
 
つつむ No.154号 (2018年7月号)掲載
※文章内の表現・表記は、すべて取材当時のものです。
(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.