製品案内

IoT対応火星人

■食品機械のIoT始動!

CN580が通信機能を搭載できるようになりました。

特長

通信機能を追加搭載することで、生産性の向上、コスト削減など、活用の幅はさらに広がります。
 
1.生産性の向上
蓄積されたデータから、製品1個あたりの直接製造人件費などの算出ができ、生産性の向上に有効活用することができます。
 
写真はイメージです。お客様がお手持ちのパソコンやスマートフォンでご覧いただけるオプションです。写真はイメージです。お客様がお手持ちのパソコンやスマートフォンでご覧いただけるオプションです。2.モニタリング
お客様がどこにいても、お手持ちのパソコンやスマートフォンなどで、火星人がいつ、どれくらい動いていたのか、止まっていたのか、などの生産状況を客観的に把握することができ、生産計画の策定などに活用できます。
 
3.生産のサポート
IoTにより情報の共有が可能になり、不具合に対する迅速で確実な対処が可能になります。また、適切な設定値で火星人が稼動しているかどうかを判断することが可能になります。
 
4.メンテナンス
アラーム発生状況を確認できるため、機械の不具合箇所を具体的に把握できます。また、アラーム発生前警報も確認できるため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。
 
 
 

 
詳しくは弊社営業部またはお近くの営業所までお問い合わせください。

(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.